FC2ブログ

記事一覧

#31 BOSS OC-2ジャンク修理

こんばんは、花粉症による鼻づまりが悪化して睡眠不足&口呼吸になったせいで喉をやられた津野です。というか普通に風邪ひいた。つらい。

まぁそんなことより今日は記事の最後にお知らせがあるのでぜひ見ていってください。

ということで今回もジャンク修理やっていきましょう
BOSSのロングセラーアナログオクターバーOC-2のジャンクをエフェクターを修理したお礼としていただいたので直していきます。
見た目からしてジャンク感がすごいんですけど、とにもかくにもいろいろ弄って原因を探します。
一つ目は上の動画通りジャックの破損ですね。
そして原因その2、まぁ音が出ない原因ではないんですがPOTのスプリットシャフトの先端がつぶれてしまい純正ノブがつけられなくなってます。

という感じで原因をいくつか見つけたので足りない部品などを買い足して修理スタートです。
S__10469460.jpgとりあえず筐体と基板とに分解します。 
S__10469462.jpgPOTに関してはOCT2はガリが酷くて使い物にならない、OCT1は前述の通りPOTの先端が潰れているので、この2つのPOTは交換します。
S__10469479.jpg S__10469478.jpg 
交換しました(ごめんなさい、作業に夢中になって途中の写真撮り忘れました。
16mmスプリットシャフト100kB基板用のPOTが必要なんですが、そんなものは手近な場所で入手できなかったので、基板用ではない普通のPOTを買って錫メッキ線を端子にハンダ付けして足を伸ばしてそれっぽくします。)
飛び出た錫メッキ線は長さを調整してカットしてからハンダ付けして終了です。
S__10469477.jpg 
POT交換が終わった様子。

S__10469461.jpg S__10469463.jpg S__10469464.jpg S__10469465.jpg 
完全に破壊されてるステレオジャックも交換するしかないので、配線がどこに繋がっているのか基板上の数字をメモしておきます。

※参考 input→1番 GND→2番 電池スナップにつながるスイッチ端子→7番
S__10469466.jpg 
この段階でよくよく見たら電池スナップも死んでるじゃん?!ってなったので部品箱から電池スナップを持ってきます。左はついでに見つけたBOSSコン用のDCジャック、この際端子が錆びてるDCジャックもついでに交換することにしました。
S__10469476.jpg 基板からの配線を外して、外した配線材と同じ長さに揃えた配線材を新しく作ってジャックなどに半田付けしておきます。
S__10469475.jpg 
DCジャックを筐体にはめ込んで配線をしていきます。

※参考 DCジャックのセンターマイナスにおける-端子→6番 +端子→4番
S__10469481.jpg 
一旦スイッチを外して隙間から電池スナップを出して、足りなかったバネやペダルガイドブッシュなどを取り付けて
S__10469480.jpg 
修復完了です。
(足りないノブに関しては、たしか秋葉原の千石電商2Fの売り場入り口に純正ノブが150円とかで売られていたのでそのうち買ってきて取り付けます。)

さて本題です
気の向くままエフェクターを自作したり修理したり、誰得なエフェクターを作ってケラケラ笑ってる弊ブログですが…

S__10469482.jpg S__10469483.jpg 
本日(2019年3月14日)発売のTHE EFFECTOR BOOK vol.43の「世界のマニアックさんたち、こんにちは」のコーナーで紹介されました。
えへへ、照れるな

このTHE EFFECTOR BOOK vol.43はUni-Vibe特集で動作原理とか色々載ってて面白かったので是非買ってついでに見ていただければ嬉しい限りです。

どうぞよしなに。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント